コン・ユ主演の『トッケビ』の中に『冬ソナ』と共通する瞬間を見た!

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真=tvN『トッケビ』公式サイトより

二つの傑作に共通するもの

次に『トッケビ』のシーン。

美しい風景を見つめるウンタク。その彼女を後ろから抱きしめるキム・シン。2人は愛を感じあいながら見つめあった。
そして、ウンタクが口を開く。
「私、告白することがあるの。私はもうおじさんに対して見えるものがないの。背が高くて服が高価で目がきれいで……それがすべて。だから、もう剣を抜いてあげられないの。でも、私にはおじさんが可愛く見える」
その言葉を聞いて、キム・シンはウンタクの髪にやさしく触れ、彼女を愛しく見つめ続ける。




演じている俳優も違うし、年代もまったく違う。もちろん、場面設定も異なる。
それなのに、『トッケビ』を見ていると、しきりに『冬のソナタ』を思い出してしまった。ロケ地が同じなのは、たまたまなのだが、『トッケビ』の持つ高い精神性は『冬のソナタ』に通じるものだった。雪の中で純粋に愛を確かめあう……という場面で、二つの傑作が共通するイメージを持つのは必然なのかもしれない。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

『トッケビ』から2年!黄金の40代に入るコン・ユの情熱とは?

コン・ユが『トッケビ』以降の休養期間を経て再び躍動期に!

『トッケビ』でコン・ユが立ち尽くす度に1枚の絵画が生まれる!

『トッケビ』のコン・ユは「言葉の世界に生きる詩人」だった

コン・ユ主演『トッケビ』の重要な場面を振り返る!

深遠な世界に生きるコン・ユこそが「トッケビ」そのものでは?

ページ:
1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る