コン・ユが『トッケビ』以降の休養期間を経て再び躍動期に!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

コン・ユは、2001年に『学校4』でデビューして、すでに18年以上も俳優としてのキャリアを持っている。しかし、彼はドラマでも映画でも寡作であり、その経歴には演技活動をしない空白期間が何回もある。2016年の『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』以降も、しばらく演技をする機会がなかったが、2019年には2本の超話題映画が決まっている。

写真=tvN『トッケビ』公式サイトより




創意的な俳優

コン・ユが寡作であることには理由がある。
それは、作品に込める思いがあまりに強すぎるのだ。
そんなコン・ユが出演作品を決める際の基準は何だろうか。
彼はこう語っている。
「作品を選ぶときの大きな悩みの一つは、自分に新しさを与えることができるか、ということです」
「作品を作る構成員として参加するのですから、創意的な活動をしたいですね」
彼がこう言うのは納得できる。つまり、俳優として同じ演技の繰り返しで消耗したくないということ、自分自身がワクワクするようなキャラクターを全身で演じたいということ……それが俳優コン・ユの信条であるに違いない。
結局、同じ演技の繰り返しを避けるからこそ、寡作にならざるをえないのだ。
『トッケビ』にしても、人気脚本家のキム・ウンスクから5年もオファーを受けて断り続けていたほどだ。




ようやく主演を承諾して全身を込めて演技をし、それによって2017年5月には百想芸術大賞のテレビ部門・男性最優秀演技賞に輝いた。
この『トッケビ』は放送が終わった後も人気が高く、今後もずっと視聴者の心に残る傑作となった。
コン・ユ自身も『トッケビ』で、相当な手ごたえを感じたはずだ。同時に「演じきった!」という満足感もあるはずで、それだけに次の作品になかなか向かえなかったのも理解できる。
そんな彼が、2019年には2つの映画に出演することになっている。
(ページ2に続く)

深遠な世界に生きるコン・ユこそが「トッケビ」そのものでは?

『トッケビ』を見ているとコン・ユのすごさがわかる!

コン・ユが解説すると『トッケビ』がさらに面白くなる!

コン・ユ主演の『トッケビ』を韓国の視聴者はどう評価したのか

『トッケビ』のコン・ユ!出演依頼を5年も断った彼の演技は?

『トッケビ』のコン・ユ&キム・ゴウンの主役カップルに拍手!

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る