『トッケビ』から2年!黄金の40代に入るコン・ユの情熱とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2019年7月にコン・ユは40代に入る。俳優として円熟期を迎えると言っていい。この40代をコン・ユはどのように過ごそうとしているのか。大人気の俳優だけに、そのことがとても気になる。

写真=tvN『トッケビ』公式サイトより




俳優魂に火がついた

『トッケビ』が韓国で放送を終えたのは2017年の1月だった。この時点でコン・ユはまだ37歳半ばだった(コン・ユは1979年7月10日の生まれ)。それなのに、彼は「『トッケビ』は私の30代を飾る作品としてずっと心に残っていくことでしょう」と語っている。
まだ30代が終わるまで2年半を残しながら、コン・ユは『トッケビ』を30代の代表作と語っている。
そう断言するには早すぎる気がしたのだが……。




しかし、40代になる2019年に、コン・ユは2つの映画に出演する。
1つは、韓国で100万部以上も売れた大ベストセラーの『82年生まれ、キム・ジヨン』を原作とした映画だ。コン・ユが女性主人公の夫を演じる。
もう1つは『徐福』(仮題)。この映画はクローン人間を題材にした作品で、コン・ユは国家機関のエージェントに扮する。
寡作な彼なのに、急に俳優魂に火がついたようだ。
その情熱はどこから来るのか。
実際、40代に入るというのは、男性にとって、どういう意味があるのだろうか。
(ページ2に続く)

コン・ユが『トッケビ』以降の休養期間を経て再び躍動期に!

深遠な世界に生きるコン・ユこそが「トッケビ」そのものでは?

コン・ユが解説すると『トッケビ』がさらに面白くなる!

『トッケビ』のコン・ユは「言葉の世界に生きる詩人」だった

笑顔に魅了されるパク・ボゴムの「笑わない表情」も素敵!

映画『徐福』でマルチな才能を開花させるパク・ボゴム!

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る