日本と違う韓国のビックリ30

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

第30回 招待されない人も結婚式に続々とやってくる




必死に参列者を集める

こんなエピソードがある。
スピード違反で検挙された人が、警察官から「今度結婚式を挙げるんだけど、出席してくれるなら大目に見てあげる」と言われたそうだ。
見ず知らずの警察官がそんなことを言うとは?
信憑性はわからない。しかし、この話を聞いた韓国の人が思わず納得してしまうほど、韓国では「結婚式には大勢出席すればするほどいい」と考えられてきた。
さすがに、時代は変わってきたが、それでも「たくさんの人に結婚式に来てもらうほど、結婚する2人は幸せになれる」という風潮は変わらない。
たとえば、韓国の結婚式で招待状を送る際には、仮に500人から出席するという返事をもらっても、実際には700人くらいが来ると読んで準備をする。出席の返事をしていなくても急に来たり、招待していないのに来たりするからだ。




また、招待を受けた人が、「今度の日曜日に予定がないなら、一緒に結婚式へ行こうよ」と気軽に友人を誘って結婚式に出席することもある。
日本の場合、結婚式・披露宴ともにホテル内の会場で行われることがよくあるが、韓国ではキリスト教が浸透していることもあり、教会で式を挙げる人が多い。また、礼式場(イェシッチャン)と呼ばれる結婚式専用の会場も多く利用されている。
(ページ2に続く)

日本と違う韓国のビックリ31

日本と違う韓国のビックリ(1)

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国女性の生き方〔第1回〕

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る