新大久保の気楽で面白い歩き方(再読版)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

せっかくウキウキ気分で訪れた新大久保。けれど、「韓国料理のお店になんとなく違和感があって、心から楽しめなかった」という声もチラホラ起こっている。それは、新大久保の街全体を覆っている「いかにも韓国的なルール」を知らなかったためかもしれない。そこで、新大久保で快適に過ごすための秘訣を伝授しよう。




「物言わぬ客」は通用しない?

新大久保に来た人たちを取材していると、「本当に楽しかった」という感想を述べる人が多い反面、「席に座っても注文さえ取りにこなかった」「料理がなかなか来ないですごく待たされた」というような不満を口にする人もいる。店の対応がよくない場合もあるが、ちょっとした誤解もあると思うので、ここではっきりと説明しよう。
日本的なていねいすぎる接客が当たり前だと思っていると、韓国料理店のスタッフの接客は一見そっけなく思えるかもしれない。ただし、本当にそっけないわけではない。日本のお店のような「作り笑い」をしないだけなのだ。たとえ仕事とはいえ、韓国の人は他人に対して笑顔を見せることはあまりしない。
そうであるなら、客はお店の人にどのように対応したらいいのだろうか。これは一つしかない……何でもはっきりと物申せばいいのである。




日本では、いくら客とはいえスタッフにあれこれ指図しないのをよしとする風潮がある。スタッフのほうが気をきかせてきちんと対応してくれるのを待つという態度だ。その結果、気がきかないスタッフがいると不満ばかりつのってしまう。この「物言わぬ客」というスタイルは韓国料理店では通用しない。
(ページ2に続く)

チョー楽しい!新大久保の人気店をめぐってみた

新大久保で超人気のアリランホットドックを食べてみた!

超人気のチーズタッカルビを新大久保で食べてみた!

決定版!チーズタッカルビのおいしい食べ方

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る