決定版!チーズタッカルビのおいしい食べ方

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

いまや韓国料理の中で、特に日本で大人気となったチーズタッカルビ。どんな風に食べれば一番おいしいだろうか。食べ方がよくわからない人もいると思うが、一番おいしく食べられる方法をアドバイスしよう。

これがチーズタッカルビ!

有名な「市場(シジャン)タッカルビ」

タッカルビは出来上がっている

チーズタッカルビといえば、東京の新大久保なら「市場(シジャン)タッカルビ」が一番有名で、「元祖」をアピールしているくらいだ。
ランチタイムでは90分待ちが当たり前だが、順番待ちのリストに名前を書いておけば、店の前から離れても携帯電話で呼び出してくれる。




新大久保に行ったら最初に「市場タッカルビ」のリストに名前を書いて、90分ほど新大久保を散策して、お腹もすいてきたころに呼んでもらえる。こういうパターンが一番理想的だろう。
それで、お店に入ってチーズタッカルビを注文すると、準備ができ次第鉄板が運ばれてくる。この時点で、もうすでにタッカルビのほうは出来上がっている。
その鉄板の中央に、モッツァレラチーズとチェダーチーズが堂々と並べられている。そこから鉄板に乗ったチーズタッカルビに火を通していくわけだが、手際よくお店の人がやってくれるので、お客さんは見ているだけでOKだ。(ページ2に続く)

超人気のチーズタッカルビを新大久保で食べてみた!

チョー楽しい!新大久保の人気店をめぐってみた

新大久保でいま一番注目のヘルシーなグルメとは?

新大久保の気楽で面白い歩き方

ページ:

1

2 3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る