兵役で軍楽隊に入ればどう毎日を過ごすか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

K-POPのスターが兵役に入る場合、軍楽隊というのはとてもいい選択です。毎日が音楽漬けとなって、音楽の感覚をずっと維持できるからです。芸能兵の制度がすでになくなり、義務警察も数年後に廃止となります。今後は軍楽隊に入るスターが増えると予想されます。

写真=韓国陸軍公式サイトより




平均的な1日

軍楽隊のメンバーは基本的には兵士であり、たまたま軍楽隊に所属しているという位置づけになります。軍楽隊のメンバーといえども、まずは兵士としての心構えが必要となるのです。
ただし、軍楽隊のメンバーの基本軍務は楽器の腕を磨くことであり、軍楽隊のレベルを上げることです。そういう意味でも、毎日の軍務の大半は楽器の練習に費やされるといえるでしょう。
とはいえ、所属する師団で大きな訓練(実戦想定訓練や極寒体験訓練など)があるときは兵士として参加しますし、必要最低限の射撃訓練などは行なっています。
それでは、平均的な1日をどのように過ごすでしょうか。




通常は朝6時に起床して、点呼・体操を経て朝食を取り、午前8時に軍務が始まります。軍楽隊の場合は自分で楽器の練習をしたり、全体で音合わせをしたりします。
正午に昼食を取って休憩した後に午後の軍務(基本は音楽練習)を行ない、午後5時に1日の日課が終わります。
(ページ2に続く)

解説!韓国の軍楽隊はこうなっている

兵役で芸能人がよく所属する軍楽隊とは何か(再読版)

これでわかる!軍楽隊と義務警察(最新版)

東方神起ユンホが所属する軍楽隊のすべて(前編)

SHINeeのオンユ!除隊日はいつになるか

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る