解説!韓国の軍楽隊はこうなっている

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

銃を持って勇ましく進撃するだけが軍隊ではありません。勇壮な行進曲で兵士の士気を鼓舞するのが軍楽隊の本来の目的であり、さらに、軍隊の中で公式的な行事があるときに演奏をして盛り上げるという役目もあります。そういう意味でも軍隊には軍楽隊が欠かせないのです。

写真=韓国陸軍公式サイトより




軍楽隊には3つのレベルがある

韓国では陸軍・海軍・空軍の各軍において、軍楽隊がたくさんあります。
陸軍を例にとりますと、陸軍本部・陸軍士官学校・首都防衛司令部にある軍楽隊が最高レベルです。
隊員は50人以上で構成されますが、多くは音楽大学で専門的に楽器を習得してきた人たちです。
次のレベルが、軍司令部・陸軍訓練所などに所属する軍楽隊です。35人前後で構成されていますが、隊員は音楽大学の入学実技試験を受けようとするくらいの技量を持っています。




以上のように高いレベルを持った軍楽隊のメンバーは、兵役に入る前に力量を審査されて選抜されます。
つまり、事前に合格する必要があるのです。
一方、実力的に三番目に位置するのが各師団に所属している軍楽隊です。
(ページ2に続く)

兵役で軍楽隊に入ればどう毎日を過ごすか

兵役で芸能人がよく所属する軍楽隊とは何か(再読版)

これでわかる!軍楽隊と義務警察(最新版)

東方神起ユンホが所属する軍楽隊のすべて(前編)

SHINeeのオンユ!除隊日はいつになるか

今年(2019年)除隊する大物芸能人!除隊日の総まとめ

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る