兵役で芸能人がよく所属する軍楽隊とは何か(再読版)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

「芸能兵」と呼ばれた国防広報院・広報支援隊員の制度が2013年に廃止されて以降、軍楽隊は芸能人が軍務をこなすうえで最適な部隊とも言われてきた。確かに、K-POPのスターにとってみれば、兵役期間中にもずっと音楽に親しむことができるのはありがたいことだろう。

写真=韓国陸軍公式サイトより




軍楽隊の種類

韓国陸軍における軍楽隊には3種類がある。具体的に言うと、A級軍楽隊、B級軍楽隊、C級軍楽隊ということになる。
A級軍楽隊は、陸軍本部、陸軍士官学校、首都防衛司令部などに所属する。
隊員は50人以上で構成されており、音楽大学などで専門的に音楽を学んできた人たちが中心である。
B級軍楽隊は、軍司令部や陸軍訓練所などに所属する軍楽隊で、35人前後で構成されることが多い。
このB級軍楽隊であれば、せめて音楽大学に入学しようとするくらいの技量がかならず求められる。
C級軍楽隊は、各師団に所属している軍楽隊である。
師団というのは1万人前後の兵士を擁する最大の部隊集団だが、その部隊の1つに軍楽隊を加えているのが普通だ。




なお、A級軍楽隊とB級軍楽隊は、兵役を司る兵務庁によって入隊前に実技試験を行なって、隊員が選抜されている。
一方、各師団に所属するC級の軍楽隊は、新兵訓練所に入ってきた新兵の中から希望者を募るケースが多い。
(ページ2に続く)

兵役で軍楽隊に入ればどう毎日を過ごすか

解説!韓国の軍楽隊はこうなっている

東方神起ユンホが所属する軍楽隊のすべて(前編)

これでわかる!軍楽隊と義務警察(最新版)

SHINeeのオンユ!除隊日はいつになるか

ページ:

1

2 3 4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る