東方神起ユンホが所属する軍楽隊のすべて(前編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

東方神起のユンホの場合は、ソウルの北方にある楊州(ヤンジュ)に駐屯する第26師団の軍楽隊に所属しているが、そもそも軍楽隊というのは様々な種類がある。それでは、韓国軍において軍楽隊はどのような性格を持っているのだろうか。今回は「軍楽隊のすべて」の前編を掲載しよう。

写真=韓国陸軍公式サイトより

写真=韓国陸軍公式サイトより

軍楽隊の任務とは?

5月10日、ユンホが特級戦士に選抜されたというニュースは、日本でも大きな話題となった。彼が凄いのは、軍楽隊員として普段は音楽の練習や行事の参加に時間を取られているのに、それでも射撃と体力で超一流の成績をあげたことである。

ユンホは第26師団の師団長からじきじきに表彰されたが、韓国陸軍の公式サイトでも紹介されるほど、「ユンホが特級戦士になった」という事実は陸軍の中でも大きく称賛された。




とはいえ、ユンホの軍隊内での正式な任務は、軍楽隊員として立派に務めを果たすことである。具体的には、師団の中で行なわれる公式行事(表彰式、殉職者の葬儀などを含む)において音楽吹奏で式次第を進行させることや、対民支援(軍隊が民間の活動を助けること)で各種コンサートを行なうことである。

こうした音楽活動をスムーズに行なうためには、個人の力量アップと楽団のチームワークが欠かせない。それでいながら、軍隊としての規律と階級の遵守に全力を注がなければならない。

肉体的にも精神的にも負担は大きいが、大好きな音楽に関われるのだから、ユンホもやり甲斐を感じて軍楽隊の任務に励んでいることだろう。
(ページ2に続く)

解説!韓国の軍楽隊はこうなっている

SHINeeのオンユ!除隊日はいつになるか

東方神起ユンホが所属する軍楽隊のすべて(中編)

兵役で芸能人がよく所属する軍楽隊とは何か(再読版)

これだけは知っておきたい「兵役の基本」!

兵役に入ったスターがイジメを受ける心配は?

ページ:

1

2 3 4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る