チャン・グンソクとイ・ミンホ!同じ社会服務要員でもどう違うのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

チャン・グンソクとイ・ミンホは徴兵検査で4級と判定されて社会服務要員となった。イ・ミンホは2017年5月12日に兵役をスタートさせてソウル市内の社会福祉施設で服務を行なっている。チャン・グンソクは2018年7月16日から兵役に入り、ソウル消防災難本部で服務中だ。同じ社会服務要員の2人。服務の状況はどのように違うのか。




徴兵検査の具体例

チャン・グンソクとイ・ミンホが社会服務要員になった経緯を知るために、徴兵検査について詳しく見てみよう。
韓国男子は高校を卒業すると兵役対象者となり、かならず徴兵検査を受けなければならない。
徴兵検査は、心理検査、身体検査、適性検査に分けて実施される。
心理検査では、兵役対象者の精神面での健康状態を確認する。軍務の期間中に起こりうる精神錯乱による諸問題(自殺や殺人を含む)を防ぐ目的がある。
心理検査の結果、精密検査が必要だと判定された人は、臨床心理士による細かい検査を受ける。
身体検査では、身長・体重・視力・血圧を調べ、測定胸部レントゲン、血液および小便検査、心電図、麻薬反応検査、肝機能検査などが行なわれる。
基本的な身体検査が終われば、様々な科目の専門医師と1対1で精密な検診が実施され、最終的に首席専門医が総合的に兵役対象者の健康状態を判定する。




さらに、適性検査がある。保持している資格・免許・専門学力・経歴などに基づいて、個人の適性が報告される。
こうした各検査を経て、最終的な兵役等級(1級~7級)が決定される。
その等級はどのように分かれているだろうか。
(ページ2に続く)

チャン・グンソク!兵役問題で真摯に説明責任を果たす

ネットで批判されたイ・ミンホの兵役問題を考える

チャン・グンソクが勤務するソウル消防災難本部とは何か

俳優イ・ミンホが福祉活動で兵役を行なう意義とは?

社会服務要員になったチャン・グンソクの毎日がわかるQ&A

チョン・イルが兵役を終えて芸能界に復帰!僚友のイ・ミンホは?

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る