チャン・グンソクが勤務するソウル消防災難本部とは何か

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

7月16日に社会服務研修センターに入って兵役をスタートさせたチャン・グンソク。彼が2年間勤務する場所がソウル消防災難本部であることが明らかになった。果たして、ソウル消防災難本部とはどんなところなのか。

予防訓練を行なうソウル消防災難本部の職員たち(写真提供/ソウル消防災難本部)




2年間の服務

韓国を代表する通信社の聯合ニュースは、チャン・グンソクについて7月27日に次のような記事を配信した。
「チャン・グンソクは、さる16日から社会服務研修センターで服務基本教育を受けた後、勤務地としてソウル消防災難本部に配属された。ソウル消防災難本部側は、『チャン・グンソクが先週から服務中であるが、細かい説明はできません』と語っている。そして、所属事務所側は『チャン・グンソクが双極性障害によって4級の兵役判定を受け、社会服務要員として2年間代替服務をします』と説明している」
こうした報道からも、チャン・グンソクが社会服務要員として2年間服務する公的機関がソウル消防災難本部であることが明らかになった。




このソウル消防災難本部とは何か。
ここは、複雑化する災難に対応するために、24時間いつでもどこへでも迅速に出動できるシスムテを構築しているところだ。(ページ2に続く)

社会服務要員になったチャン・グンソクの毎日がわかるQ&A

これが「社会服務要員」のすべて!

超解説!社会服務要員とは何か?

チャン・グンソクは社会服務要員としてどんな日々を送るのか

https://goo.gl/6g67ys

チャン・グンソクがなる社会服務要員の役割とは何か

https://goo.gl/zD6Z3d

ページ:

1

2 3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る