チャン・グンソク!兵役問題で真摯に説明責任を果たす

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

それは異例とも言える発表だった。チャン・グンソクの所属事務所は「そううつ病の治療を受けていたこと」「徴兵検査で何度も再検査になったこと」「最終的に兵役判定が4級になったこと」を詳しく発表したのである。

現役兵でない場合

兵役問題では、チャン・グンソクも苦悩が大きかったことだろう。
彼は徴兵検査で「そううつ病」を理由に再検査の判定を受け、それを何度か繰り返したうえに、最終的に4級という兵役判定になった。
兵役判定は1級から3級までが現役兵であり、4級が補充役で社会服務要員となる。5級は戦時の後方支援要員。6級は完全な兵役免除となり、7級が再検査の対象者だ。




このように、兵役判定は1級から7級まで分かれているが、チャン・グンソクは最終的に4級の判定を受けて、社会服務要員として兵役を履行することになった。
これに対しては、ネット上を中心に批判が起きることが予想されていた。
なぜならば、芸能人の兵役が現役兵でない場合には、それを疑問視する声が起こりがちだからである。(ページ2に続く)

チャン・グンソクは社会服務要員としてどんな日々を送るのか

https://goo.gl/6g67ys

チャン・グンソクの兵役4級判定を検証する!

兵役に入るチャン・グンソク!社会服務要員としての今後の予定は?

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る