歌のシーンは韓国ドラマの定番中の定番?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ストーリーに変化をつけられる

こうした歌好きな国民性を反映して、ドラマにもひんぱんに歌う場面が出てきます。
特に、ノレバン(カラオケルーム)のシーンは、韓国ドラマの定番中の定番です。
しかも、みんなで歌っているときに何かとんでもない事件が起こってしまう、という設定が多いようです。




シナリオを作るうえでも、歌の場面を入れると画面が華やかになったりストーリーに変化をつけられて好都合です。
かくして、韓国でテレビのスイッチを入れると、ドラマの出演者が歌って発散している場面にひんぱんに出くわすようになります。
余談ですが、韓国ドラマは音楽の挿入があまりに多すぎます。しかも、セリフが聞き取りにくいほど音楽のボリュームを上げます。そうした韓国ドラマと比べると、日本のドラマは本当に静かだと思います。

文=「ロコレ」編集部

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

日本人を妻に迎えた韓国人男性は何を痛感したのか

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国女性の生き方〔第1回〕

ページ:
1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る