韓国ではなぜ誕生日にワカメスープを食べるのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国ドラマを見ているとよく出てくるシーン……子供が誕生日になると、お母さんがワカメスープをかならず作ってくれます。それ以外にも、韓国ではワカメスープがよく食卓にのぼります。なぜ、これほど重宝されるのでしょうか。




どんなときに食べる?

韓国の人はワカメスープが大好きです。
ワカメにはミネラルが豊富にあり、栄養が満点です。そういう理由もあって、妊娠がわかると、さっそく妊婦はワカメスープを連日のように食べます。
ワカメでしっかり栄養を取ろうというわけです。
無事に出産すると、さらにワカメスープの出番です。
ワカメには母乳の出をよくする効果があると韓国では信じられていて、授乳期にはワカメスープが欠かせないのです。
さらに、ワカメスープの出番があるのが誕生日です。お母さんは子供の成長を願って、かならず誕生日にワカメスープを作ります。
子供のことを案じるお母さんの真心がワカメスープの中にしみこんでいるのです。
もちろん、子供のほうも、産んで育ててくれたお母さんに感謝しながら、ワカメスープをおいしく食べます。




韓国ではこういう習慣があるので、ドラマでもかならず「誕生日にワカメスープ!」のシーンを用意します。
それを見る視聴者は、自分の家庭のことを思い出しながら、心がホカホカしてくるのです。
(ページ2に続く)

韓国ドラマで同じ俳優があちこちに出てくる理由とは?

韓国の人がラーメンを鍋に入れたまま食べる理由は?

シャワーだけ? なぜ韓国ドラマには湯船につかる場面がないのか

警察署から釈放されたとき豆腐を食べるのはなぜ?

なぜ韓国ドラマには食事のシーンがあんなに多いのか

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る