韓国ドラマで同じ俳優があちこちに出てくる理由とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

いろいろな韓国ドラマを見ていると、主人公の両親が同じ俳優の場合が多いと思いませんか。そうした事例を含めて、韓国ドラマには同じ俳優があちこちに出てきます。なぜ、韓国ドラマには同一俳優の重複が多いのでしょうか。

「重複出演の女王」とも言えるキム・ヘスク




中堅俳優の生活

キム・ヘスクといえば、『冬のソナタ』でユジンのお母さんを演じた女優です。
彼女は、「重複出演の女王」と言えるかもしれません。
日本で有名になった作品でことごとく母親役を演じています。『冬のソナタ』だけでなく、『秋の童話』『夏の香り』『春のワルツ』で母親の役を演じていました。
それだけでなく、『噂のチル姫』での母親の役もとても印象的でした。
これはほんの一例で、ドラマや映画にひっぱりだこの彼女は、実は出演作が日本で最も放送されている女優の1人だと言えるでしょう。
なぜ、このように母親の役が特定の俳優に集中してしまうのでしょうか。これには、韓国芸能界の事情があります。一番大きな理由は、中年世代の俳優の層が薄いということ。数が少ないのでどうしても特定の俳優に偏ってしまうのです。
それでは、なぜ層が薄いのでしょうか。
そこには、切実な事情があります。




実は韓国では、テレビドラマの出演料は主役以外は低く抑えられていて、中堅俳優の生活がままならないことも大いに関係しています。その結果、親を演じられる俳優の数が少なく、特定の俳優に集中してしまうのです。その代表がキム・ヘスクなのです。
(ページ2に続く)

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

日本人を妻に迎えた韓国人男性は何を痛感したのか

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

日本の中年男性が旅先のソウルで実感したことは?

韓国女性の生き方〔第1回〕

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る