韓国で「ドラマを好きな理由」の一番は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国ドラマを見ていてよく思うのは、「1週間に2話連続で放送するというドラマの視聴スタイルは、作る側にとっては本当に大変だろうな」ということである。それでも、日本のように連続ドラマを週一で放送することはないだろう。それは、ドラマが大好きな韓国の視聴者が許さないから。

見る人に満足してもらうために制作現場では大変な苦労をしている




濃密な人間関係をドラマが再現

私(康熙奉〔カン・ヒボン〕)が韓流雑誌の編集長をしているときに、韓国で「なぜテレビドラマがそんなに好きなのか?」というアンケートを取ったことがある。
もちろん、様々な意見が寄せられた。
代表的なものを挙げれば、以下のとおりだ。
「一度見てしまったドラマは、習慣的に見るようになってしまうから」
「テレビというのは経済的な負担がなく、楽しく見られていい。レジャーとして本当に生活に定着している」
「素敵な俳優たちを見ていると、それだけで気分が楽しくなってくる」
「たとえ現実的に起こらないことであろうとも、脚本家が本当に面白くドラマを作っているので、つい引き込まれてしまう」




確かに、もっともな意見だ。
特に、韓国の人たちは、濃密な人間関係の中で毎日暮らしていて、そうした付き合いを面白く再現してくれるドラマに興味を持つのも必然かもしれない。
そんな風にドラマが大好きな韓国の人たち。好きな理由として一番に挙げたものは何だろうか?(ページ2に続く)

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

韓国女性の生き方〔第1回〕

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る