トンイ(淑嬪・崔氏〔スクピン・チェシ〕)の裏に黒幕がいた/朝鮮王朝秘話3

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

19代王の粛宗(スクチョン)をめぐって、側室から王妃に昇格した張禧嬪(チャン・ヒビン)と、政治的な思惑の中で側室となったトンイ(淑嬪・崔氏〔スクピン・チェシ〕)がライバル物語を繰り広げる。果たして、その結果は?




張禧嬪の降格

1694年3月に大事件が起きる。
淑嬪・崔氏を支持する西人(ソイン)派の官僚たちが告発書を朝廷に提出したのである。そこに何が書かれているかというと、張禧嬪の兄である張希載(チャン・ヒジェ)が淑嬪・崔氏を毒殺しようとしたということだ。
王宮内は大騒ぎになる。やがて粛宗は「張希載を処罰せよ」と命令を出した。その際、西人派の中は「張希載を処刑せよ」という強硬な意見と「流罪にするだけでいい」という穏健な意見に分かれた。
つまり、西人派の中でも賛否両論があったのだ。このとき、「張希載を処刑せよ」と強硬に言った人たちが後に老論(ノロン)派となる。その一方で、「処刑までは必要ない」と主張した一派が少論(ソロン)派となった。




結局、張希載は済州島に流罪になった。この機に乗じて、粛宗は1689年に廃妃にした仁顕(イニョン)王后を王妃に戻すという決定をした。それと同時に、王妃の座から張禧嬪を降格させるということを発表する。
これは、大きな政変を引き起した。
最終的に西人派が勝って南人派が負けたのである。(ページ2に続く)

張禧嬪(チャン・ヒビン)!側室に転落した王妃

https://goo.gl/KUhLTS

トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?

https://goo.gl/jeVCTP

張禧嬪(チャン・ヒビン)はなぜ王妃になれたのか/朝鮮王朝秘話1

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(張禧嬪編)

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(淑嬪・崔氏編)

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る