朝鮮王朝おもしろ人物列伝(淑嬪・崔氏編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

第5回 張禧嬪のライバル淑嬪・崔氏

朝鮮王朝19代王・粛宗(スクチョン)が愛した女性の中に、淑嬪・崔氏(スクピン・チェシ)という人物がいた。ドラマ『トンイ』では、女優のハン・ヒョジュが彼女を演じていたが、史実ではどのような人物だったのだろうか。

王宮の下働きだった女性

ドラマ『トンイ』で主人公のトンイを演じたハン・ヒョジュ

ドラマ『トンイ』で主人公のトンイを演じたハン・ヒョジュ

淑嬪・崔氏と張禧嬪は、粛宗から愛されたという意味ではライバル関係と言える。張禧嬪は、粛宗に仁顕(イニョン)王后を廃妃にさせてまで王妃の座を手に入れた女性だが、幸せの絶頂に達した後に転落人生を歩んでいる。王妃となった彼女が、贅沢な生活をしすぎていることを知った粛宗に相手にされなくなった。張禧嬪に対する粛宗の愛は完全に冷めてしまったのだ。

そのときに現れたのがドラマ『トンイ』の主人公で知られる淑嬪・崔氏だった。もともと王宮の下働きとして水汲みをしていた彼女だが、粛宗が張禧嬪への関心を失ったことで、王の寵愛を受けることになった。




しかし、張禧嬪からしてみれば、淑嬪・崔氏に自分の大切な人を奪われたという感じだろう。「あんな女が王の寵愛を受けるなど絶対に許さない」と思っていたに違いない。それでも張禧嬪には粛宗の息子を産んでいるという強みがあった。

そんな張禧嬪に危機感を持たせる出来事が起きる。それは、粛宗が仁顕王后を王妃に復帰させた半年後(1694年)に、淑嬪・崔氏が後に21代王・英祖となる息子を産んだのだ。(ページ2に続く)

淑嬪崔氏(トンイ)/朝鮮王朝美女物語2
https://goo.gl/oAuy2M

悪女と言えば張禧嬪(チャン・ヒビン)/朝鮮王朝悪女列伝5
https://goo.gl/LRSwB8

「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?
https://goo.gl/LRSwB8

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る