これが「社会服務要員」のすべて!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

芸能人が兵役に入ったときに、よく話題になるのが社会服務要員だ。2013年までは公益勤務要員と呼ばれていたが、現在は「社会服務要員」という名称が定着している。果たして、社会服務要員とは何なのか。

徴兵検査で4級の判定

韓国の男子は兵役の義務を負っているので、その前に徴兵検査を受ける。徴兵検査は、健康状態や精神状態を詳しく調べて、兵役等級という判定をする。
その結果、1級、2級、3級と判定されると現役兵となり、実際に軍隊に入って兵役をこなすことになる。
一方、4級の判定を受けると補充役となる。




補充役とは何か。
これは、戦争になったときに兵力の補充として加わってくる人たちのことである。この人たちが兵役をこなす場合には、軍隊に入らずに役所や福祉施設などで代替勤務をすることになる。
それでは、徴兵検査で4級と判定されるのは、どういう場合が多いのか。これは、喘息などの持病や身体的な疾患などが理由となる場合が多い。(ページ2に続く)

チャン・グンソクは社会服務要員としてどんな日々を送るのか

チャン・グンソクがなる社会服務要員の役割とは何か

兵役開始のチャン・グンソク!社会服務研修センターからスタート

チャン・グンソクが入った社会服務研修センターとは何か

チャン・グンソクが新兵訓練をしなかった理由とは?

ページ:

1

2 3 4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る