これが「社会服務要員」のすべて!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

芸能人が兵役に入ったときに、よく話題になるのが社会服務要員だ。2013年までは公益勤務要員と呼ばれていたが、現在は「社会服務要員」という名称が定着している。果たして、社会服務要員とは何なのか。




徴兵検査で4級の判定

韓国の男子は兵役の義務を負っているので、その前に徴兵検査を受ける。
徴兵検査は、健康状態や精神状態を詳しく調べて、兵役等級という判定をする。
この兵役等級は7つの段階にわかれている。
その中で、1級、2級、3級と判定されると現役兵となる。
この人たちは、実際に軍隊に入って兵役をこなすことになる。
一方、4級の判定を受けるとどうなるか。
それは、補充役となる。
この補充役とは何なのか。
戦争になったときに兵力の補充として加わってくる人たちのことである。
この人たちが兵役をこなす場合には、軍隊に入らずに役所や福祉施設などの公的機関で代替勤務をすることになる。




それでは、徴兵検査で4級と判定されるのは、どういう場合が多いのか。
これは、喘息などの持病や身体的な疾患などが理由となる場合が多い。
(ページ2に続く)

兵役解説!徴兵検査の4級が補充役で社会服務要員になる

「今や兵役は芸能人の墓場ではない」と言い切れる根拠とは?

社会服務要員の気になる給料は?

兵役解説/入隊する韓流スターの心得とは何か

兵役免除になった大物スターの意外な免除理由とは?

ページ:

1

2 3 4

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る