ソ・ジソブ/優しさと強さが共存する俳優

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

このところ、ソ・ジソブをイメージする機会が多い。彼が主演した『軍艦島』の話題が韓国のマスコミを賑わせているし、彼の代表作とも言える『ごめん、愛してる』が日本でもリメークされた。

r_ngUaMHA48b5UB1500942577_1500942670

彼が見せる「ありのまま」

初めてソ・ジソブを強烈に意識したのは、『バリでの出来事』のときだった。哀しみの表情の中に、何かをジッと耐えている人間の強さのようなものがうかがえて、その奥行きの深い人間性に引きつけられた。
記者会見のときによく行なわれるフォトセッションでも、ソ・ジソブはほとんど笑わない。どのスターもかならず満面の笑みを浮かべるのに、ソ・ジソブはそうしない。どこか遠くを見るような澄んだ瞳のままだ。




「人は誰だって、自分の中にある明るい面を出そうとするのに、なぜかソ・ジソブはそうしない。それが不思議だ」
そう思っていた。実際、多くのフォトセッションでもソ・ジソブはカメラマンの列をながめていることが多い。それが彼の「ありのまま」なのだ。
ソ・ジソブは変わらない。たとえ、どんなに周囲が変わったとしても……。(ページ2に続く)

『オクニョ』で人気!コ・スの思い出のファンミを再現

さすが哲人俳優コン・ユ!兵役に対して的確に指摘

ジュンギ&ヘギョの大物カップルを誕生させた『太陽の末裔』!

ページ:

1

2 3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
・東方神起の兵役
・イ・ミンホの兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓流スター
・東方神起
・防弾少年団
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国のビックリ
・韓国情報
・韓国料理
●紀行/対談
・韓国紀行
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/会社概要
・ロコレとは?
・会社概要

ページ上部へ戻る