人生を豊かにする珠玉の名セリフ1

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国ドラマには様々な魅力がありますが、特に視聴者から高い評価を受けているのがセリフの素晴らしさです。そんな名セリフをこれから定期的に紹介していきます。第1回目は『ごめん、愛してる』と『応答せよ1997』からピックアップしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

◆『ごめん、愛してる』第16話

「愛しています、お母さん。ほんの一瞬でも、あなたを愛さなかった時はありませんでした。お母さん、産んでくれてありがとう」

日本でもリメイク版が作られた珠玉の名作『ごめん、愛してる』。その第16話に出てくる感動の名セリフです。
生後間もなく捨てられたムヒョク(ソ・ジソブ)。歌手ユン(チョン・ギョンホ)の母ドゥリ(イ・ヘヨン)は、そのムヒョクが自分の息子だと気付かないままラーメンを作ります。




最初で最後の母の手料理を泣きながら食べるムヒョク。ユンの家を後にする時、窓の向こうにいる母の姿を見ながら、ひざまずいて深々と挨拶をするムヒョクの心の中のセリフがとてもいいのです。
ムヒョクの切ない表情が涙を誘います。ムヒョクが食べた器を片付けながら、わけもなく涙が止まらないドゥリの姿も印象的でした。(ページ2に続く)

「やっぱり韓流が好き!」

韓国時代劇にはなぜ女性主人公が多いのか

ズバリ!韓国ドラマにツッコミを入れてみる

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る