韓国ではお高くとまっていたらスターになれない!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国のスターは、一般の人にとって縁遠い存在ではない。スターといえども、週末に多い芸能ニュース番組やバラエティに出たときは、すごくサービス精神が旺盛で、イメージとは裏腹に一気にはじけてしまう人も多い。

ファンの歓声を浴びるのもスターがお高くとまっていないからだ

秘訣は「謙虚さ」

とにかく、韓国のスターはプライベートなこともバンバン話す。日本の場合だと、スターの記者会見では主催者側から「プライベートなご質問はお控えください」とよく言われるし、スターはなるべくプライベートを出さないというのが暗黙の了解になっているが、韓国は逆に、スターはテレビに出たときに自分の庶民性を徹底的にアピールする。「何を食べている」とか、「どんなところへ行っている」とか、「家で普段は何をしている」とか、そういうことを割と明るく語ることが多い。




それは、「視聴者と同じように生活しています」ということを訴えたいからだ。つまり、お高くとまらないのである。
ここが重要だ。スターといえども、お高くとまった段階で、人気がガタッと落ちるのが韓国の常である。たとえ人気者でも、韓国社会では常に謙虚さが求められ、腰が低い自分を見せないと共感を得られない。
逆に、少しでも「自分は特別な人間なんだ」とか「自分はビッグなんだ」と思っていたとしたら、すぐに見抜かれて、ファンは失望して離れていってしまうだろう。
長く人気を保つ秘訣は「謙虚さ」に尽きる。それは、濃密な儒教精神が残る韓国ならではのことだ。(ページ2に続く)

ユ・スンホの選択!早めに兵役を終えて俳優に全力投球

コン・ユの誠実さを実感した思い出深いファンミ

輝かしい栄光をつかんだソン・ジュンギ

ソ・ジソブ/優しさと強さが共存する俳優

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る