ヒョンビンが乗り越えた海兵隊の訓練(前編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

厳しさが増す応用訓練

訓練1

上陸作戦の訓練が続く(写真/韓国海兵隊公式サイトより)

実際に海兵隊の軍務は大変厳しいが、それは新兵訓練においても際立っている。陸軍の新兵訓練は5週間だが、海兵隊は7週間にわたって行なわれる。それでは、その新兵訓練がどういう風に行なわれるかを具体的に見てみよう。
海兵隊に入隊する人は、まず浦項(ポハン)にある新兵訓練所に入所する。
それからは、細かい身体検査を受けてから支給品を受け取り、軍人としての精神を叩きこまれて、制式訓練(軍人としての敬礼や歩行を身につけるための訓練)を徹底的に受ける。
そこまでは、陸軍でも海軍でも軍人の基礎ということで同じなのだが、海兵隊の場合は応用訓練になってから厳しさが如実にあらわれる。




海兵隊で専門的な訓練というと、まずは水陸両用車訓練である。
海兵隊の任務は、海から上陸して敵地を奪還することだ。当然ながら敵は完全な防衛態勢を敷いて海兵隊を迎え撃つので、どんな上陸作戦も多大な犠牲を強いられる。それだけ、作戦として非常に難しい局面が多いのだ。
よほど優れた軍隊でないと作戦は成功しない。そこに海兵隊の厳しさがある。
海兵隊員は素早く水陸両用車に搭乗し、船を海岸に向けて進め、陸地に到達した瞬間に各隊員が上陸しなければならない。当然ながら敵は待ち受けているので、雨あられのように銃弾を受ける。そこが、生死をわける一番重要な局面であり、生き残るために敵の銃弾をかいくぐり、上陸したらすぐ前に向かって突撃しなければならない。
このとき、砂浜にからだを伏せたのちに立ち上がって前進する、という一連の動作を繰り返すことが不可欠だ。それは体力を大変消耗する訓練であり、海兵隊の新兵を最初に待ち受ける最大の関門となる。




それと同時に行なわれるのがゴムボート訓練である。海岸の地形によって、水陸両用車が上陸不可能な場所がかなり多い。その際に役立つのがゴムボートだが、波の荒い海で操作するのは大変難しいので、それを使った上陸訓練も頻繁に行なわれる。
ゴムボートの重量は100キログラムを超えるが、それを訓練兵で持ち上げたりする訓練も欠かせない。ゴムボートは自分を守るための重要な道具であり、それを自在に扱えないと自分の身に危険が及ぶため、その訓練を徹底的に行なう。

(文=康 熙奉〔カン ヒボン〕)

康 熙奉(カン ヒボン)
1954年東京生まれ。在日韓国人二世。韓国の歴史・文化と、韓流および日韓関係を描いた著作が多い。特に、朝鮮王朝の読み物シリーズはベストセラーとなった。主な著書は、『知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物』『朝鮮王朝の歴史はなぜこんなに面白いのか』『日本のコリアをゆく』『徳川幕府はなぜ朝鮮王朝と蜜月を築けたのか』『悪女たちの朝鮮王朝』『宿命の日韓二千年史』『韓流スターと兵役』など。最新刊は『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』。

超解説!海兵隊とは何か?

ヒョンビンが乗り越えた海兵隊の訓練(中編)

ヒョンビンが乗り越えた海兵隊の訓練(後編)

兵役で行く海兵隊の訓練はどれほど厳しいのか

海兵隊の兵役期間は最終的に18カ月に短縮される

兵役中のスターがイジメを受ける可能性は?

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕
●注目の記事
●兵役
・チャン・グンソクの兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・イ・ジュンギ
・防弾少年団
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・七日の王妃
・トッケビ
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・朝鮮王朝人物実録
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●編集部

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る