過去の記事一覧

  • 日本と違う韓国のビックリ(16)

    第16回 韓国人の「姓」 日本と韓国の姓を比較してみよう。韓国人の姓は漢字1文字が基本。しかも、種類はわずか300足らずしかない。日本人の姓は1万以上もあると言われているから、韓国人の姓の少なさは際立っている。その…
  • 日韓関係を変えた「韓流の贈り物」

    『冬のソナタ』の大ヒットによって2004年頃から日本で起こった韓流ブームが、日韓関係において果たした役割は大きい。ただし、この韓流ブームには下地があった。それは2002年にFIFAワールドカップ日韓大…
  • チャン・グンソクはいつまで兵役を延ばせるか

    今年7月にはツアーが予定されている チャン・グンソクの兵役延期のリミットが近づいているが、今のところ、彼から兵役に関する発言がない。 それは当然かもしれない。 兵役の予定を明らかにしてしまうと、…
  • 【連載】ヒボン式かんたんハングル9

    前回は、「ひらがな1つで発音する漢字は、ハングルの読みもほとんど日本語と同じ」という性質を利用した「ひらがな1つの法則」を勉強しました。今回は、その応用編となります。 ひらがなで「か」と発音…
  • 日本のコリアをゆく(広島・鞆の浦編1)

    台地の上の福禅寺 私は30代半ばに大学で歴史を学んだとき、卒論で朝鮮通信使の研究をした。その際、江戸時代の鎖国体制を以前から間違って捉えていたことを察した。 それまでは、長崎で限定的にオランダと貿易を…
  • 日本と違う韓国のビックリ(15)

    第15回 韓国のお墓事情 小さな古墳にまつられる 父は韓国の済州島(チェジュド)の出身だった。 生前、私にこう言っていた。 「死んだら済州島に埋めてくれ」 願いどおり、父は日本で骨になったあ…
  • 『テバク』歴史解説!延齢君とは誰なのか

    『テバク』でチェ・ミンスが重厚に演じている19代王・粛宗(スクチョン)。彼は生涯で6人の息子を持ったとされている。有名なのは、20代王の景宗(キョンジョン)と、21代王の英祖(ヨンジョ)である。しかし…
  • 『テバク』におけるリアリティとは何か

    『テバク』は4月19日の放送で第8話を終えた。全24話なので3分の1を終えたことになる。これから物語は中盤に入っていくのだが、ここで根本的なことを考えてみたい。それは、『テバク』という時代劇におけるリ…
  • 兵役秘話!試練に耐えきれず別れる恋人たち

    徴兵制度は若い恋人たちにとって、愛の試練でもある。カップルが抱える破局の最大の原因は「2年間の離別」である。厳しい軍規に縛られた生活は、恋人たちのすれ違いを誘発するのである。入隊前には普通に交わしてい…
  • 日本と違う韓国のビックリ(14)

    第14回 韓国のテレビ局 半官半民のテレビ局がある 東京のテレビ局の数を見ると、公共放送がNHKだけで、民間放送は日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京の合計5つである。 圧倒的に民間放…

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る