ちょうど丸1年が経過したチャン・グンソクの兵役を振り返る!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

チャン・グンソクは、2018年7月16日から兵役をスタートさせた。2019年7月16日でちょうど丸1年が経過したことになる。その間、チャン・グンソクはどのように過ごしたのだろうか。




社会服務要員としての日常

チャン・グンソクが兵役を開始した2018年7月16日、最初に入った施設は社会服務研修センターだった。
立地している場所は忠清(チュンチョン)北道の報恩(ポウン)郡だ。
社会服務研修センターでチャン・グンソクは4泊5日の研修を受けた。
研修の目的は、社会服務要員に必要な素養を身につけることだった。
具体的に言うと、社会服務要員の役割や規則を覚え、社会全般への理解を深めることだ。たとえば、セクハラの防止、男女平等の徹底、弱者への配慮といったことをしっかりと学びながら、今の時代にふさわしい社会服務要員としての資質を身につけていく。
そして、チャン・グンソクは規定通りの研修を終えて、7月20日の午後に社会服務研修センターを後にした。
それから、彼はソウル消防災難本部で勤務を開始した。
ソウル消防災難本部は、巨大都市ソウルで様々な災難に緊急で対応する中枢部で、場所もソウルの中心部にある。




ここは24時間態勢で災害に対応しており、チャン・グンソクは補助的な業務に就いた。基本的に、社会服務要員は自宅から通勤する。逆に言えば、通勤できないようなところには配属されないのだ。
仕事は1日8時間勤務が原則で残業はほとんどない。
そして、1週間に40時間の勤務を行なう。週休は2日制だ。
(ページ2に続く)

『ファン・ジニ』から『テバク』へ!/チャン・グンソク全集1

社会服務要員になったチャン・グンソクの毎日がわかるQ&A

兵役に入って1年になるチャン・グンソクの近況は?

チャン・グンソクがなっている社会服務要員とは何か?

チャン・グンソク!兵役中に山火事被災地に1億ウォンを寄付

練炭を寄付したチャン・グンソク!兵役履行中でも慈善活動を継続

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る