光海君と仁祖のライバル物語4「大義名分」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

綾陽君(ヌンヤングン/後の仁祖)は仁穆王后の怒りがあまりに大きいので、その場を退散して、また改めて出掛けた。仁穆王后も少し頭を冷やしたようで、「大義名分を出すには条件がある。あの化け物の首を取ってまいれ」と言った。

写真=韓国MBC『華政』公式サイトより

「首を取ってまいれ」

綾陽君は仁穆王后にこう答えた。
「いやいや、それは絶対にできません。先王の首をはねるようなことをすれば、私が歴史で糾弾されます」
仁穆王后は首を振った。
「ならぬ。首を取ってまいれ、さもなければこの話はなしだ」
こうした問答が何回も続く。
様々な時代劇では光海君の処遇をめぐって綾陽君と仁穆王后が論争するシーンが名場面になっている。




仁穆王后があまりにも激昂して倒れたりする。仁穆王后を演じる人にとっては、この場面こそが自分の女優人生の最高潮になるのだ。
(ページ2に続く)

光海君と仁祖のライバル物語1「即位」

光海君と仁祖のライバル物語2「外交」

光海君と仁祖のライバル物語3「怨恨」

光海君と仁祖のライバル物語5「失政」

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(15代王・光海君編)

光海君(クァンヘグン)が王になった特殊な理由とは?

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る