光海君と仁祖のライバル物語5「失政」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

貞明(チョンミョン)公主は、クーデターの直後には結婚できたが、20歳だったので、当時としては遅い結婚だった。当時のしきたりでは、王女は結婚したらすぐ外に出ることになっているので、外に大きな屋敷を構えた。

無能な王

異例だったのは、全羅道(チョルラド)や慶尚道(キョンサンド)に莫大な土地を持ったことだ。朝鮮王朝で一番の地主だったと言われているくらい、大変な土地をもらったのである。
実は、仁穆(インモク)王后は、憎き光海君(クァンヘグン)の首を取れなかったが、自分の娘を大地主にして世を去っている。息子が殺されているので、母親として辛かっただろうが、娘を幸せにして世を去ったのである。
綾陽君は16代王の仁祖(インジョ)になっていたが、クーデターが起きるまではすごく果敢な行動力だったが、王になってからは無能だった。
まず、後金を野蛮人と軽蔑して明に肩入れしてしまい、後金の言うことは絶対に聞かなかった。結果的に、光海君が予測した通りに明が滅びて、後金が清に国号を変えて、中国大陸を制覇した。




すると、「俺たちを野蛮と称した朝鮮王朝を許さない」ということで何度も攻めてきて、1636年12月には12万人以上の大軍が朝鮮半島に侵攻した。
(ページ2に続く)

光海君と仁祖のライバル物語1「即位」

光海君と仁祖のライバル物語2「外交」

光海君と仁祖のライバル物語3「怨恨」

光海君と仁祖のライバル物語4「大義名分」

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(15代王・光海君編)

光海君(クァンヘグン)が王になった特殊な理由とは?

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る