光海君と仁祖のライバル物語1「即位」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

朝鮮王朝の1592年というと朝鮮出兵であった。豊臣軍が攻めてきた年だ。そのときの王は、14代王・宣祖(ソンジョ)だった。それまでの13代目までは、すべて国王の正室から生まれていて、正統的な王位継承者なのだが、宣祖は側室から生まれた子供だったので立場が弱かった。

写真=韓国MBC『華政』公式サイトより

朝鮮出兵での明暗

朝鮮王朝は大変厳しい身分社会で、本家で生まれた人と外で生まれた人の格差は甚だしかった。王家も同じなのだが、正室に子供がいなかったので、宣祖が初めて側室から生まれた王となった。
宣祖は「自分は必ず正室から後継ぎを出したい」と願った。
しかし、最初の正室から子供は生まれなかった。その一方で、側室からはどんどん生まれた。その二男が光海君(クァンヘグン)で、長男が臨海君(イメグン)である。
この2人は、朝鮮出兵の際に徹底的な違いが出てしまった。
臨海君は、ゲリラ軍を組織しようと出かけたが、加藤清正の軍の捕虜になり、釈放された後も、そのことに屈辱を感じて酒浸りになった。一方の光海君は、そういう義勇軍で成果を上げていた。




立場上では、長男のほうが王位継承権で有利だが、世子(セジャ)に指名されたのは、臨海君ではなく光海君だった。
(ページ2に続く)

光海君と仁祖のライバル物語2「外交」

光海君と仁祖のライバル物語3「怨恨」

光海君と仁祖のライバル物語4「大義名分」

光海君と仁祖のライバル物語5「失政」

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(15代王・光海君編)

光海君(クァンヘグン)が王になった特殊な理由とは?

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る