光海君と仁祖のライバル物語3「怨恨」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

光海君は「明は滅亡して後金の時代になる」と予測していた。「明に肩入れするとうちの国もやられてしまう」ということで、やむを得ず援軍を出すときは最小限にして、後金に対して「事情があって明に援軍を出していますが、そちらに逆らう気はないですから」と言った。二股外交という巧みな外交を展開した結果、後金は朝鮮半島に攻めてこなかった。

写真=韓国MBC『華政』公式サイトより

個人的な怨み

外交だけではない。光海君は、大同法という庶民の減税につながる税制を都のほうからだんだんと広めていった。
彼の統治は、今から見ても優秀な政治だった。しかし、庶民の減税につながる税制は、大地主からたくさん取ることを意味していて、特権階級の反感を買ってしまう。その他にも、仁穆王后を幽閉し、永昌大君や臨海君を殺していることが非難された。
個人的な怨みを持っていたのが綾陽君(ヌンヤングン)だ。宣祖の孫で、光海君の甥である。
この綾陽君の弟が光海君によって殺害されている。その理由は、あまりにも頭が良すぎて、「こいつが生きていたらやばい」と警戒されたからだ。
綾陽君には個人的な怨みが強かった。




1623年、綾陽君は光海君に怨みを持っている人、大同法による減税政策で不利益を被った特権階級の人たちを集めて王宮を襲った。このクーデターは成功し、光海君は逃げてしまった。
(ページ2に続く)

光海君と仁祖のライバル物語1「即位」

光海君と仁祖のライバル物語2「外交」

光海君と仁祖のライバル物語4「大義名分」

光海君と仁祖のライバル物語5「失政」

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(15代王・光海君編)

光海君(クァンヘグン)が王になった特殊な理由とは?

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る