キム・ユジョンは12歳の時に何を語ったか(第4回)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

「私の声がハスキーだから、むしろもっと声に鋭敏になって、声を変えるスキルも得ることができました」と語る12歳のときのキム・ユジョン。今回はインタビュー記事の第4回目だ。

2012年7月に撮影




演じるのは大変なこと

――映画やドラマを見る時も泣きますか。
「あまり泣かないです。堪えます。“ああ、悲しい”と感じてもそこにつられて泣かないです。ビタリと止めます。悲しいことがある時も気持ちを押さえるほうです。それでも、『太陽を抱く月』の死ぬシーンを撮った時はとても苦しかったです。だから、泣きたかったんです。母にも“息苦しい”“泣きたい”“トイレでも行って泣いて来たい”と言いました。撮影が終わって日常に戻って少しずつ解消されたようです。演じるというのは本当に大変なことだと思うようになりました。集中する時は集中して、抜ける時はまた抜けなければならないと思ったんです」
――『太陽を抱く月』の撮影中にはいろいろなことがありましたよね。
「実は、ミンホ兄さんがトークショーに出て、ジング兄さんと私が撮影しながらなんかいい感じになった、とか言ったです。最近はあまり連絡しませんけど、その時は連絡もよくしていたんです。現場ではいつも一緒だったし……。ミンホ兄さんはそれを見て“やきもちを焼いた”とトークショーで言ったんですよ。




『九尾狐』の時、私とキスシーンがあったんですけど、その時に好きになったとも言ったし……。後で私が“それを私に先に言わないで放送で先に言うなんてあり得ないでしょう”と言ったら、ミンホ兄さんは“冗談だよ。トークショーの方に言われたから言っただけなんだ”と言い訳したけど、本当にビックリしました」
(ページ2に続く)

キム・ユジョンは12歳の時に何を語ったか(第1回)

キム・ユジョンは12歳の時に何を語ったか(第2回)

キム・ユジョンは12歳の時に何を語ったか(第3回)

キム・ユジョンは12歳の時に何を語ったか(第5回)

キム・ユジョン!『雲が描いた月明かり』で大人の女優に成長

『雲が描いた月明り』のための最低限の歴史解説!

ページ:

1

2 3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る