2PMのジュノ!社会服務要員としての毎日がわかるQ&A

このエントリーをはてなブックマークに追加

給料は出るの?

〔質問5〕
休日と休暇はどのようになっていますか。
〔回答5〕
週休2日制で土日が休日となります。その他に、公務員に準ずる休暇をもらえることになっています。
合計の休暇日数は21日です。この他に、病気になった場合の休暇を30日まで取れることになっています。




〔質問6〕
役所で働く場合、給料は出るのですか。
〔回答6〕
同じ職場で働いている一般の公務員とは基準が違いますが、一応は給料が出ることになっています。
その金額は、兵役中の現役兵と同じ水準です。
当初の月給は30万ウォンくらいです。日本円で約3万円です。
以後、服務している期間に応じて給料が上がっていきますが、おおむね3万円から4万円くらいです。
(ページ4に続く)

兵役解説!徴兵検査の4級が補充役で社会服務要員になる

自宅から通勤する社会服務要員の毎日とは?

芸能人の兵役はなぜ社会服務要員と義務警察が多いのか?

社会服務要員の気になる給料は?

社会服務要員と義務警察の違いを解説!BIGBANGのT.O.Pの兵役変更問題

解説!兵役における社会服務要員の役割

ページ:
1 2

3

4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る