社会服務要員と義務警察の違いを解説!BIGBANGのT.O.Pの兵役変更問題

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

BIGBANGのT.O.Pの兵役の履行状況が、義務警察から社会服務要員に変更になった。義務警察と社会服務要員は、両方とも軍務に就かないで兵役を行なう方法なのだが、どのような違いがあるのだろうか。

a77OdxPPUN4Qw_Q1503971194_1503971232

4級の人が社会服務要員になる

徴兵検査を行なうと、健康診断や精神面の状態によって、それぞれに兵役等級が判定される。
1級から3級の場合は、健康面で問題がないという判断で、現役兵としての軍務になる。実際に、陸軍や海軍に入隊して兵役期間を全うするわけだが、現役兵として軍務に就く代わりに人手不足の各地方警察庁に所属するのが義務警察という制度だ。
つまり、義務警察というのはあくまでも、徴兵検査で1級から3級までに判定された人が対象となる。




一方、社会服務要員は徴兵検査で4級の判定を受けた人たちが兵役の代替制度として利用するものである。
この4級は「補充役」に該当するのだが、持病などがあって健康状態にやや不安がある人が判定される場合が多い。
現役兵になることも、かろうじて可能なのだが、現在は兵士が不足しているわけではないので、地方自治体や福祉施設で勤務することで兵役を全うすることになる。
結局、義務警察は現役兵と認定された人たちの代替制度であり、社会服務要員は4級の補充役になった人が行なう兵役の制度なのだ。(ページ2に続く)

これが「社会服務要員」のすべて!

義務警察の廃止はT.O.Pの問題とは関係がない

社会服務要員の気になる給料は?

社会服務要員となったイ・ミンホの兵役の今後は?

韓国の兵役法は社会服務要員をどのように規定しているか

ページ:

1

2 3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る