2PMのジュノ!社会服務要員としての毎日がわかるQ&A

このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅からの通勤?

〔質問3〕
役所で働く場合に、寝泊まりはどこでするのですか。
〔回答3〕
兵役法では、社会服務要員の出勤について次のように規定しています。
「社会服務要員は出退勤による勤務となり、所属機関長の指揮と監督を受ける。ただし、出退勤による勤務が混乱したり、業務遂行の特殊性によって必要な場合は、合宿勤務も可能である」
要するに、あまりにも出勤時に注目されるようであれば別に宿泊先をもうけてもいいということですが、圧倒的に多いのは自宅からの通勤です。




〔質問4〕
社会服務要員の勤務時間はどのようになっていますか。
〔回答4〕
社会服務要員の勤務は、基本的に午前9時から午後6時までです。間に1時間の昼食休憩があります。
よって、1日8時間勤務です。トータルすると週40時間勤務というのが社会服務要員の原則です。
残業はほとんどありません。
(ページ3に続く)

兵役解説!徴兵検査の4級が補充役で社会服務要員になる

自宅から通勤する社会服務要員の毎日とは?

芸能人の兵役はなぜ社会服務要員と義務警察が多いのか?

社会服務要員の気になる給料は?

社会服務要員と義務警察の違いを解説!BIGBANGのT.O.Pの兵役変更問題

解説!兵役における社会服務要員の役割

ページ:
1

2

3 4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る