ソ・ジソブ/優しさと強さが共存する俳優

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

初めてソ・ジソブを強烈に意識したのは、『バリでの出来事』のときだった。哀しみの表情の中に、何かをジッと耐えている人間の強さのようなものがうかがえて、その奥行きの深い人間性に引きつけられた。

r_ngUaMHA48b5UB1500942577_1500942670




彼が見せる「ありのまま」

記者会見のときによく行なわれるフォトセッションでも、ソ・ジソブはほとんど笑わない。どのスターもかならず満面の笑みを浮かべるのに、ソ・ジソブはそうしない。どこか遠くを見るような澄んだ瞳のままだ。
「人は誰だって、自分の中にある明るい面を出そうとするのに、なぜかソ・ジソブはそうしない。それが不思議だ」
そう思っていた。実際、多くのフォトセッションでもソ・ジソブはカメラマンの列をながめていることが多い。それが彼の「ありのまま」なのだ。
ソ・ジソブは変わらない。たとえ、どんなに周囲が変わったとしても……。
ソ・ジソブの人気を決定づけたのは、『バリでの出来事』と『ごめん、愛してる』であった。
ともに、2004年に制作されている。
それ以後の5年間、ソ・ジソブの俳優人生は平坦ではなかった。
2005年には兵役義務を果たすために、2年間の空白を余儀なくされた。軍隊で服務したわけではなく、代替要員として役所に勤務したのだが、演じたくても演じられないもどかしさは、いかばかりだっただろうか。




復帰したあと、大作ドラマの『カインとアベル』の主演が決まった。しかし、制作は大幅に遅れ、ストーリーも大きく変わってしまった。
かなり困惑しただろうが、それでもソ・ジソブは、「出演する」という約束をきちんと守った。
その間には、カン・ジファンと一緒に『映画は映画だ』に主演し、大ヒットも記録している。
(ページ2に続く)

人生を豊かにする珠玉の名セリフ1

イ・ジュンギはなぜブラックリストに名前が載ったのか

韓国ではお高くとまっていたらスターになれない!

いま読みたい!人気俳優物語5

韓流スターが自ら語る「撮影時の特別な思い出」

『ヘチ』主演のチョン・イルが語る「イ・ミンホとの友情物語」!

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る