『雲が描いた月明り』のイ・ヨン(孝明世子)の両親と息子はどんな人物か?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

パク・ボゴムが主演して大ヒットした『雲が描いた月明り』。主人公は世子のイ・ヨンであった。このイ・ヨンは歴史的には孝明世子(ヒョミョンセジャ)として知られる。その両親と息子はどんな人物だっただろうか。

写真=韓国KBS『雲が描いた月明り』公式サイトより




衝撃的な急死

パク・ボゴムが演じたイ・ヨンは、実在の人物であった孝明世子(ヒョミョンセジャ)がモデルになっていた。
孝明世子(1809~1830年)は、23代王・純祖(スンジョ/1790~1834年)の長男だった。
1827年、孝明世子は18歳で父の政治を代行するようになった。人事面や法制面で優れた統治能力を見せ、名君になる素養を感じさせた。
仮定の話だが、本当に孝明世子が即位していれば、朝鮮王朝の歴史は間違いなく良い方向に変わっていただろう。
しかし、寿命だけはどうしようもない。孝明世子は21歳で急死してしまった。その死を誰もが惜しんだ。
特に、息子の急死に衝撃を受けたのが、父の純祖だった。
彼はもともと、父の22代王・正祖(チョンジョ)が亡くなったあとに10歳で即位したために、21代王・英祖(ヨンジョ)の継妃だった貞純(チョンスン)王后の垂簾聴政(摂政のこと)を受けた。




このときの純祖は、貞純王后がとことん悪政を行なうのを黙って見ていることしかできなかった。
さらに、純祖は成人したあとも、正妻の純元(スヌォン)王后の実家である安東(アンドン)・金(キム)氏の一族に政治の実権を握られてしまった。
(ページ2に続く)

『雲が描いた月明り』のための最低限の歴史解説!

『雲が描いた月明かり』の主人公・孝明(ヒョミョン)世子とは?

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(孝明〔ヒョミョン〕世子編)

『雲が描いた月明かり』の時代2【イ・ヨン(孝明世子)の生き方は?】

イ・ヨン(孝明世子)の無念を晴らした『雲が描いた月明り』

『雲が描いた月明り』の主人公イ・ヨン(孝明世子)の最期!

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る