韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?(再読版)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

日本の女性が韓国に住んで現地で働く様子をこれまで様々に見てきた。韓国の旅行会社、ソウルガイドの情報会社、貿易会社など……。彼女たちは変化の激しい韓国で刺激を受けながら生き生きと働いていた。

 




強烈な上昇志向

韓国で働く日本の女性の声を集めてみた。
最初は韓国人のバイタリティに刺激されたという話だ。
「留学に来たときはまだ甘えがあったと思います。韓国を変に理想化していたのに、実際に住み始めてからはいろいろな面が見えてきて幻滅しました。でも、日本に帰るつもりはなかったですね。意地でも1年は我慢しよう、と。あれだけ好きな韓国にようやく住むことができるようになったのですから。念願がかなったのに本当に韓国が嫌いなわけがないと思ったんです。その結果、韓国で仕事も見つけました。
知り合った韓国人が、1日12時間勉強していると言っていました。凄いですよ。私は働いてもせいぜい9時間。だったらあと3時間勉強してもいいはずだと前向きに考えられるようになりました。それくらい、韓国の人には刺激されますね」
確かに、韓国人が潜在的にもっている上昇志向は強烈だ。明日は今日よりもっといい1日になると確信し、そのために全エネルギーを傾ける。




さらに、韓国で働く日本女性の声は続く。
「多少の熱があっても韓国の人たちは会社に来ますよ。日本だったら絶対に休むような場合でも休まないんです。生きていくために必死に働いているんだなあと実感します」
「韓国の人は本当によく協力してくれます。最近はソウル暮らしが楽なので、日本に帰れないんじゃないかと真剣に思っていますよ」
「韓国のほうが楽です。日本にいると細かいところに気をつかわないといけないけど、韓国はなんでも『ケンチャナヨ(大丈夫)』で済んでしまうから。それが私に合っているんです。でも、仕事で会った初対面の人が、どんどん心の中に踏み込んでくるんです。そういう韓国スタイルに戸惑うこともあります。私は人と距離をおくほうなので、最初は『エッ』という感じ。それでも構わずぐんぐん来られてビックリしました」
なるほど。対人関係での距離の取り方は日韓で違う。日本女性にとっては、戸惑いもあるだろう。
(ページ2に続く)

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

日本人を妻に迎えた韓国人男性は何を痛感したのか

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

韓国女性の生き方〔第1回〕

ソウルのショップで日本人の客はどう思われているか

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る