ソウルのショップで日本人の客はどう思われているか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

日本人が韓国に行けば、多くの人が「韓流、ショッピング、グルメ」の3つを大いに楽しんでいるに違いない。迎える韓国のショップでは、日本人の客に対してどんな印象を持っているだろうか。

ズラリと韓服が並んでいる(写真はイメージです)




日本人の口癖?

韓国から帰国すると、「韓国は日本と似ているようで、まるで違う国だった」という感想を持つ人が多いのでは。
どんなに近くても、外国はやっぱり違う、ということなのかもしれない。
もう一つ、「韓国では店の主人がおおらかな人が多い」と感じる日本人が多いという。確かに、韓国では買い物をするときに、店が無理な注文をよく聞いてくれる。逆に、ボラれることもあるかもしれないが……。
そんなふうに韓国で行ったお店の数々を思い出していると、大いに役立ったのが、かつて仁寺洞(インサドン)の韓服店に行ったときの経験だ。
その店は、ウィンドーにあでやかな韓服を飾っていたので、それに引き寄せられて偶然
に入ったのであった。
中に入ると、韓服を着た30代の女性が愛想よく迎えてくれた。優雅な顔だちだったので、「美しい方がいるお店ですね」と声をかけると、彼女は大声を出して笑った。店のオーナーだと言う。
単刀直入に「日本人の客が多いですか?」と尋ねてみた。
彼女は「ウチに来るお客の5人に1人は日本人よ」と言った。
「日本人が韓服に興味をもつのは、私たちがキモノに関心をもつのと同じでしょ。だから、店に入ってくる日本人はほとんど何かしら買って帰るわね。でも、かならず『マケてください』と言うけど、それが日本人の口癖なの?」




オーナーは怪訝な顔でそう言ったが、日本人が値下げ交渉にたけているわけではない。むしろ、東京の人間なら普段も「マケてください」とは言わないはずだ。
それなのに韓国ですぐ口にするのは、「韓国ではかならず言ってみるように!」とガイドブックで紹介されているからに違いない。
そう説明してあげたら、またもや彼女は大きな声で笑いながら「仁寺洞にこんなに日本人がいっぱい来てくれて、本当にありがたいわ」と言った。
(ページ2に続く)

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

日本人を妻に迎えた韓国人男性は何を痛感したのか

日本と違う韓国のビックリ(1)

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕
●注目の記事
●兵役
・チャン・グンソクの兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・イ・ジュンギ
・防弾少年団
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・七日の王妃
・トッケビ
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・朝鮮王朝人物実録
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●編集部

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る