防弾少年団(BTS)が受章した文化勲章の花冠とは何か

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

世界で大人気を博している防弾少年団(BTS)が韓国の文化勲章を受けることになった。文化勲章には5種類あるが、その中の「花冠(ファグァン)」だ。果たして、文化勲章の花冠とはどういうものだろうか。

 




文化勲章には5つある

韓国の文化勲章は、文化芸術の発展に尽くし、文化向上と国家発展に寄与した功績が際立つ人に授与される。
文学、美術、音楽、演劇、舞踊、大衆芸術など、その対象分野は文化芸術全般にわたっているのが特徴である。
こうした文化勲章の受章者は、全国の文化芸術団体、地方自治体、大学ならびに一般国民からの推薦を受け、各分野別の民間専門家で構成されている審査委員会の審議・選定および政府の公的審査委員会を経て、最終的に政府によって決定される。
そして、韓国の文化勲章は1等級から5等級まで5種類があり、それぞれ金冠(クムグァン)、銀冠(ウングァン)、宝冠(ポグァン)、玉冠(オックァン)、花冠(ファグァン)という名称が付けられている。
防弾少年団が受章した文化勲章は花冠で5等級に値するが、決して他の階級の受章者より文化に対する功績が低いことを意味するわけではない。




そもそも、韓国の文化勲章は一生涯の間に残した功績に対して与えられる勲章とされている。
しかし、若くして多大な文化的功績を挙げた人々を表彰するために、あえて5等級の階級をつくり、その年齢に応じた階級で表彰することを意図している。
(ページ2に続く)

BTS(防弾少年団)の『Burn the Stage : the Movie』を見てこう思った!

世界が防弾少年団(BTS)を待っている!もちろん日本も!

防弾少年団(BTS)の快挙!全米1位はどれだけ凄いのか

防弾少年団の見事な戦略性と適応力!「ズッコケ」も満点

防弾少年団が世界で人気を博す5つの理由

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る