兵役中でも慈善活動を続けるチャン・グンソクは現在どうしている?

このエントリーをはてなブックマークに追加

兵役終了が早くなった

兵役中でも給料は出る。同じ職場で働いている一般の公務員とは基準がまったく違うが、兵役中の現役兵と同じ水準となっていて、月給は40万ウォン(約4万円)前後といったところだ。
他に交通費と食費も支給される。
社会服務要員の兵役期間は24カ月だったので、チャン・グンソクは当初2020年7月15日に兵役が終わるはずだった。




しかし、2018年10月から兵役期間の短縮が段階的に実施されるようになった。その結果、チャン・グンソクの兵役終了は41日早くなり、2020年の6月4日に変更されている。
今後もチャン・グンソクは、社会服務要員としての服務を続けながら、必要なときには積極的に社会慈善活動を行なっていくことだろう。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

チャン・グンソク!兵役中に山火事被災地に1億ウォンを寄付

チャン・グンソクが勤務するソウル消防災難本部とは何か

社会服務要員になったチャン・グンソクの毎日がわかるQ&A

チャン・グンソクの復帰も早まる!社会服務要員の兵役が24カ月から21カ月に短縮

チャン・グンソクとイ・ミンホ!同じ社会服務要員でもどう違うのか?

チャン・グンソクがソウル消防災難本部に行った理由とは?

ページ:
1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る