チャン・グンソクの復帰も早まる!社会服務要員の兵役が24カ月から21カ月に短縮

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

これまで社会服務要員の兵役期間は24カ月だった。陸軍の現役兵が21カ月だったのに対して、3カ月だけ長かったのだ。しかし、2018年10月から兵役期間が短縮されて、最終的に陸軍で18カ月になる。それにともなって、社会服務要員の兵役期間も短くなっていく。




兵役終了が何日早まるか

社会服務要員の兵役期間が陸軍の場合と比べて3カ月長かったのも仕方がなかった。それは、兵役法ではっきりと決められていたからだ。
それでも、社会服務要員の兵役期間が陸軍と連動していることは間違いない。それによって、今回の兵役期間の短縮が社会服務要員にも及んだのである。
具体的に言うと、2020年6月15日以降に入隊した人から3カ月の兵役短縮が完全実施されるが、それ以前に入隊した人は、入隊日に応じて段階的に短縮されることになっている。
それは、「2週間に1日ずつ短くする」という方法が採用されている。
チャン・グンソクの場合に当てはめてみよう。




チャン・グンソクは2018年7月16日に兵役をスタートさせ、社会服務要員としてソウル消防災難本部で代替服務をしている。
当初は社会服務要員の兵役期間が24カ月だったので2020年7月15日の兵役終了が予定されていたが、段階的な兵役期間の短縮が行なわれて、チャン・グンソクは41日除隊が早くなる。
(ページ2に続く)

チャン・グンソクが勤務するソウル消防災難本部とは何か

チャン・グンソクがソウル消防災難本部に行った理由とは?

社会服務要員になったチャン・グンソクの毎日がわかるQ&A

チャン・グンソク!兵役問題で真摯に説明責任を果たす

チャン・グンソクの兵役4級判定を検証する!

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る