チャン・グンソクがソウル消防災難本部に行った理由とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

7月16日に兵役をスタートさせたチャン・グンソクは、ソウル消防災難本部で勤務することになった。そこに決まった理由として、どんなことが考えられるのか。『韓流スターと兵役』(光文社新書)の著者で韓国の兵役事情に詳しい康熙奉(カン・ヒボン)氏に聞いてみた。

ソウル消防災難本部のシンボルマーク




適切な判断

――チャン・グンソクの社会服務要員としての勤務先が、ソウル消防災難本部になりました。どのように思いましたか。
康熙奉「今までの芸能人の社会服務要員の勤務先を見ると、一番多かったのがソウルの江南(カンナム)区役所です。その他では、福祉施設が多かったようです。そういうところは、芸能人の受け入れに慣れていますし、今回も役所か福祉施設なのかなと思っていましたから、ソウル消防災難本部というのは意外な気がしました」
――そこに決まった理由としては、どんなことが考えられますか。
康熙奉「2つのことが考えられると思います。1つは、彼が韓流スターの中でもトップクラスで、あまりにも有名すぎるということです。それだけに、市民と触れ合う機会がある役所や福祉施設というのは騒がれ過ぎてしまうのかな、という感じがします。それゆえに、市民の命を守る大切な消防とはいえ、職員として働いた場合に外部の人と直接触れる機会が少ないところが選ばれたのかもしれません」




――もう1つは何でしょうか。
康熙奉「彼が双極性障害によって兵役4級判定を受けて社会服務要員になったということです。現在では、そういう精神的な疾患の人が社会服務要員になった場合には、かなり勤務先を慎重に選んで決める傾向がありまして、そういう意味ではソウル消防災難本部が適しているという判断があったのではないでしょうか」(ページ2に続く)

チャン・グンソクが勤務するソウル消防災難本部とは何か

社会服務要員になったチャン・グンソクの毎日がわかるQ&A

これが「社会服務要員」のすべて!

チャン・グンソクは社会服務要員としてどんな日々を送るのか

https://goo.gl/6g67ys

チャン・グンソクがなる社会服務要員の役割とは何か

https://goo.gl/zD6Z3d

ページ:

1

2 3 4

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る