客にやりたいようにさせるのが韓国のお店の流儀?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

賑やかな街が好きで、東京でもあえて騒々しいところを選んで出掛けている。そんな物好きな私(康熙奉〔カン・ヒボン〕)が過去を振り返って、「一番うるさい街だった」と断言するのがソウルの東大門(トンデムン)市場だ。

騒がしい街でショッピングを楽しむ人たち(写真はイメージです)




飲食店での持ち込み

まさに、耳をふさぎたくなるような街だ。
東大門市場……。
ここでは、大音響の音楽が四六時中やむことがない。まるで馬鹿げた大声コンテストのように、ビルというビルからアップテンポの音が鳴り響き、マイクを握った買い物アジテーターは絶叫しながら店の誇大宣伝を繰り返している。
その騒音に拍車をかけるかのように、通りを埋める車から連鎖的にけたたましいクラクションが起こる。
これほど騒がしい街が世界のどこにあるというのか。革命でもなく取次ぎ騒ぎでもないのに、街はこれほど喧騒に包まれている。ここに比べれば、花見の席でのカラオケなんか、かわいいものだろう。
私はしばし耳を休ませようとして、静かな喫茶店を探した。しかし、適当な店が見つからず、ロッテリアに入った。




だが、ここもやはり典型的な韓国だった。
耳をつんざくようなポップスが流れ、日本のロッテリアとはBGMの音響量が3倍ほど違った。
やれやれ。
うるさい店に入ったことを後悔したが、そんな思いも意外とあっさり消えた。興味深い場面を見ることができたからだ。
私のとなりの席には3人の20代の女性がいたが、店内で飲み物を注文したのは1人だけで、あとの2人は外から飲み物とパンを持ち込み堂々と飲食をしていた。
(ページ2に続く)

ソウルのショップで日本人の客はどう思われているか

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

日本人を妻に迎えた韓国人男性は何を痛感したのか

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る