韓国が「ドラマ大国」になった根本的な理由とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

テレビ局にすれば、制作費と手間がかかるドラマ作りは大変だ。しかも、バラエティ番組と比べて苦労も多い。それでも韓国のテレビ局はひたすらドラマを作り続けている。そのエネルギーはどこから来るのか。




話のネタに困らない

韓国のドラマ制作の現状を見てみよう。
たとえば、KBS、MBC、SBSという地上波のテレビ局を見ても、毎日30分ずつ放送している「毎日ドラマ」があれば、月火、水木と連続して放送する「ミニシリーズ」があり、さらには土日に放送する「週末ドラマ」がある。
「いったい1日に何本のドラマを放送しているの?」
そう思えるくらいに、ドラマがテレビ画面を賑わせている。
しかも、現在は地上波だけでなく、ケーブルチャンネルのテレビ局が競ってドラマを放送している。まさに韓国はドラマ放送では百花繚乱だ。
さらに、連続ドラマは1週間に1回放送するのがどの国でも基準なのに、韓国はまるで違う。2夜連続で1時間のドラマを放送して、週2回放送体制を堅持している。
「なんで週に2回も作れるの?」
素朴にそう思うが、韓国の人たちはせっかちで「次の回を早く見たい」と思っているので、作る側もその需要に応えて週2回も作らざるを得ないのである。
とにかく韓国の人たちは好奇心が旺盛。隣の家の箸(はし)の本数までわかるというくらい他人に興味を持っている。その好奇心の矛先がドラマに向いて、視聴率もいいので、テレビ局はこぞってドラマ作りに邁進する。




日本では連続ドラマも10回でワンクールというものが多いが、韓国の場合はミニシリーズでも20回はあるし、50回連続のドラマも多い。それこそ、毎日放送するドラマなら平気で100回を超えていく。
「そんなに長くドラマを続けられるほど、話のネタがよくあるなあ」
そう感心するが、韓国ドラマが長い回数を作れるのは、出てくる人みんなの人生を細かく描くからだ。
韓国ドラマは主人公だけで話が終わらない。主人公の両親や兄弟、友人、はては叔父さんや叔母さんまで出てきて、それぞれの人生がリンクしていく。
(ページ2に続く)

韓国女性の生き方〔第1回〕

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

日本と違う韓国のビックリ(1)

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る