日刊スポーツが報じたBTSの弟分「TXT」の華々しいデビュー!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2019年3月5日にソウルでデビュー記念イベントを行なったのが「TXT」だ。BTS(防弾少年団)と同じ事務所に所属するということで大きな注目を集めており、「日刊スポーツ」も3月6日付けの芸能面で大々的に報じた。

2019年3月6日付けの「日刊スポーツ」はTXTのデビューを大きく報道した




海外に進出したい!

TXTは、「TOMORROW X TOGETHER」(トゥモロー バイ トゥギャザー)のこと。3月4日にアルバム『The Dream Chapter:STAR』で華々しいデビューを果たしている。
その予約は韓国でも異例と言える10万枚を突破。さらには、すでにツイッターのフォロワーが147万人以上、インスタグラムのフォロワーは279万人以上もいるという。彼らがこれほど注目されるのも、やっぱりBTSの弟分だからだ。
リーダーのスビンも「『BTSの弟分』と呼ばれることは光栄です」と語っている。
そして、彼らのデビューと同時に話題を集めたのが、「T X T(ティ バイ ティ)ポーズ」。この象徴的なポーズを考え出したヨンジュンも「海外に進出したい」と意欲を見せている。
ソウルでのデビュー記念イベントでも素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた5人。これからは新世代の活躍を見せてくれそうだ。




なお、5人のメンバーの生年月日は以下の通り。
◆スビン/2000年12月5日
◆ヨンジュン/1999年9月13日
◆テヒョン/2002年2月5日
◆ボムギュ/2001年3月13日
◆ヒュニンカイ/2002年8月14日

世界で起こる騒動がBTS(防弾少年団)の人気を証明!

BTS(防弾少年団)の今後を左右する兵役免除制度はどうなる?

絶頂期のBTS(防弾少年団)を悩ます今後の兵役問題!

BTS(防弾少年団)が世界8位!ビルボードが高く評価する理由とは?

BTS(防弾少年団)の『Burn the Stage : the Movie』を見てこう思った!

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る