めざましテレビの放送事故!韓国のテレビ局の場合は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2019年2月20日の朝に放送されたフジテレビ系の「めざましテレビ」で、アニメ「紙兎ロペ」が前日とまったく同じ内容を放送するという放送事故があった。考えられないようなミスだが、韓国のテレビ局の場合はどうなのだろうか。




放送開始が遅れる

韓国のテレビ局でも放送事故が多い。
特に、ドラマの放送時に目立っている。その理由は過密な撮影日程だ。
韓国ドラマの場合、放送が始まった段階では、まだ数話分しか撮影が終わっていない。ストック分がすぐに底をつき、以後は「撮影しては放送、撮影しては放送」の繰り返し。最後のほうになると、「ほぼ生放送」と揶揄(やゆ)される。俳優も制作陣も疲労困憊となる。
そして、起こるのが放送事故だ。
たとえば、韓国の地上波では午後10時からドラマが放送される。しかし、放送の直前まで撮影をしている場合が多く、編集が間に合わなくて午後10時に穴をあけてしまうこともある。こんなときは、10分~20分ほど遅れてドラマの放送が始まったりする。




ただし、地上波の3局はドラマの前はニュースを放送しているので、たとえ午後10時からのドラマ放送ができなくても、生放送のニュースを流して対応する。そんな放送を何回も見てきた。日本ではちょっと考えられないのだが……。
弊害はまだある。
短時間にあわてて編集をしているので、ときには大きなミスが出る。
(ページ2に続く)

検証!イ・スンギ主演『花遊記』の放送事故

『花遊記』問題!ドラマの放送事故がなくならない理由

第3次韓流ブームはいつまで続くのか

韓国の女優の「なんでもOK」精神に感服!

韓国のテレビ局はどのように発展してきたのか

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る