検証!イ・スンギ主演『花遊記』の放送事故

このエントリーをはてなブックマークに追加

幸先が良いスタートを切ったイ・スンギ主演のドラマ『花遊記』が、非常に残念な放送事故を起こしてしまった。それは、12月24日の第2話のときだ。まともに放送できない事態になぜなってしまったのか。韓国のテレビ界でかつてはよく起こった出来事なのだが……。

きわめて異例な事態

12月24日に放送された『花遊記』(ケーブルテレビチャンネルtvN)の第2話は、途中から放送が中断して画面はtvNの番組宣伝が続き、結局は最後までまともに放送できなかった。
tvNは編集作業の遅れを認めた。特に、CG(コンピュータ・グラフィック)の処理に手間取って、放送分のドラマを完成させられなかったのだ。




第1話が好評だっただけに、第2話の放送事故は惜しまれるし、期待していた視聴者もガッカリだろう。
同時に、「またなのか」という気持ちにもなる。
韓国のテレビ界では編集の遅れによって定時に放送が始められないケースがたまに起こるからだ。
しかし、まともに最後まで放送できなかったというのは、きわめて異例だ。歴史的な放送事故と言ってもいいだろう。
なぜ、韓国ではドラマの放送事故が多いのか。
その原因はどこにあるのか。

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る