『花遊記』問題!ドラマの放送事故がなくならない理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

イ・スンギ主演の『花遊記』の放送事故問題が波紋を広げている。韓国のテレビ界ではドラマの放送事故がよく起こるが、今回は歴代級の事故となってしまった。なぜ、韓国のドラマでは放送事故がなくならないのか。

正常な放送が可能なのか?

『花遊記』(ケーブルテレビチャンネルtvN)の第2話は12月24日に放送予定だったが、途中から放送が不可能となってしまった。tvNは編集作業の遅れ(特にCG〔コンピュータ・グラフィック〕の処理)から第2話を完成させられなかった。
この不手際がその後も尾を引いている。
第3話以降も放送延期に追い込まれたが、さらに深刻なのは、撮影中にセットからスタッフが墜落して重大な負傷に至ったことだ。




この事態を深刻にとらえた全国言論労働組合はtvNに対して徹底した安全対策を求めて制作中断を要請した。その過程で行なわれた調査では、重大な事故が起きたにもかかわらず、十分な再発防止策が取られていないことが判明した。
もはや正常な放送ができるのかどうか。そんな危惧が生まれている。
確かに、韓国テレビ界では放送事故がよく起こる。一番多いのは放送開始の遅延で、15分ほど遅れて放送が始まることがある。
次に多いのは、場面の進行が逆になり、あとで放送すべきシーンを先に入れてしまうケースだ。これでは話の辻褄が合わなくなってしまう(ページ2に続く)。
 

検証!イ・スンギ主演『花遊記』の放送事故

2017年の韓国テレビ界は「混乱の1年」だった

少女時代の問題は韓国の何を物語っているか

日韓政治問題に翻弄されない「頼もしき韓流」

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る