韓国の女優の「なんでもOK」精神に感服!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国ドラマに出てくる女優は、たとえ美貌に恵まれているとしても、必要とあればどんな醜態もさらけだしてくれる。たとえば、それはどんなこと? 韓国ドラマを見ていれば、思い出す場面も多いはずだ。




何でも見せる

過去に何度見たことだろうか。
ドラマの中でいがみあった女性同士が、女子トイレで長い髪を引っ張りあって大ゲンカをする場面のことだ。
恐ろしい形相で女性2人が相手の長い髪を強引に引っ張る……そういう場面では、もはや女優としての美しさや気高さは消えさってしまい、相手に負けまいとする執念ばかりが強調される。
「ああいう女同士の大ゲンカの場面は日本のドラマには絶対にない。やり抜く韓国の女優は本当に凄い。とことんやってみせるからね」
日本からはそんな称賛の声も起こる。




韓国の女優を見ていて感心するのは、何でも見せることだ。
たとえば、食事の場面では、食べている女優の口の中がよく見えたりする。噛み砕かれた食べ物が丸見えのこともあるくらいだ。
(ページ2に続く)

日本の中年男性が旅先のソウルで実感したことは?

日本人を妻に迎えた韓国人男性は何を痛感したのか

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る