韓国のテレビ局はどのように発展してきたのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国を代表する地上波のテレビ局といえば、KBSとMBCとSBSの3つ。経営スタイルはそれぞれ違う。KBSは公共放送、MBCは政府が出資して民間で運営する半官半民、SBSは完全な民間放送となっている。




韓国テレビ界の歴史

韓国のテレビ局の歴史的な経緯を見てみよう。
日本では1953年にテレビ放送が開始されたが、韓国は8年遅れて始まった。当時は国営だったKBSが1961年にテレビ放送を始めている。そのKBSは、1973年に特殊法人によって公社化された。
MBCがテレビ放送を開始したのは1969年だった。当時は純然たる民間放送局だった。それがなぜ政府の干渉を受けたのか。
実は、当時は他にも東洋放送(TBC)という民間放送局があった。1970年代はKBS、MBC、TBCが3大放送局だったのだ。
その頃、放送局の有能な社員の仕事の1つが、釜山(プサン)の旅館にこもることであった。それは、地理的に近い九州のテレビ放送を受信するためだった。




そのときに見た番組は少しだけ企画を変えて、韓国の放送局で有力なコンテンツに早変わりした。つまり、日本のテレビ番組を模倣することで、韓国はテレビ放送のノウハウを覚えていったのである。
(ページ2に続く)

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

韓国女性の生き方〔第1回〕

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る